大学の学生支援ご担当の方へ

はじめに

写真01

 私たちは、学生生活を取り巻くさまざまなリスクに対応する大学生協独自の「保障制度」を通じて、学生の安全・安心を総合的にサポートすることをめざしています。

 そのひとつが「学生総合共済」(元受団体:大学生協共済連)です。
 1981年の創設以来「学生どうしのたすけあい制度」として、先輩たちの知恵や経験により、その時々の学生生活の実態に見合った制度へと改善を続けています。
 また、全国の大学生協では、学生委員が学内の専用掲示板(「給付ボード」など)を使った給付事例報告や、病気や事故にあわないための予防活動、病気や事故にあった学生への共済金申請の呼び掛けなど、年間を通じて取り組んでいます。

 もうひとつが、保険会社と協同して学生専用に企画・開発した保険です。
 自転車事故等で賠償責任が生じた場合に対応する「学生賠償責任保険」や扶養者の万が一の際の学業継続を支援する「扶養者死亡保障保険」「学業継続費用保険(扶養者の所得保障)」などがあり、「学生総合共済」とあわせて加入することで保障をより充実させ、学生生活を24時間365日、総合的にサポートする設計です。
 本サイトには共済金や保険金の支払実績や事例も掲載していますので、学生生活の安全推進等にお役立ていただければ幸いです。また、お気づきの点や大学生協の保障制度へのご要望がありましたらお寄せください。

全国大学生協共済生活協同組合連合会
株式会社 大学生協保険サービス

お問い合わせはこちら

ANNUAL REPORT 2016

ANNUAL REPORT 2016

 この報告書は学生総合共済と当会が推奨している保険の事業実績をまとめたもので、公衆縦覧文書として位置付けています。
 主なコンテンツは、制度の概要・あゆみ、学生が主体的に取り組む共済活動、共済金・保険金支払状況、付帯サービスの利用状況、共済金を受給した学生の声、事業状況(財務諸表等)、大学関係者からのおすすめの言葉、コンプライアンス・リスク管理等です。

大学生協の保障制度からみた大学生の病気・ケガ・事故2015年度

大学生の保障制度から見た大学生の病気・ケガ・事故2015年度

 この報告書は、直近1年間の大学生協の保障制度(学生総合共済・学生賠償責任保険・扶養者死亡保障保険・学業継続費用保険)の支払状況等の各種数値や給付・支払の事例を掲載したものです。
 大学生を取巻くリスクとそれに対応する大学生協の保障制度について、ご理解を深めていただけるかと存じます。

学生生活無料健康相談テレホン からだとこころの健康相談 2015 
期間:2014年10月〜2015年9月

学生生活無料健康相談テレホン

 この報告書は、学生総合共済に加入する学生を対象としたサービス「学生生活無料健康相談テレホン」の利用状況や相談内容を分析したものです。
 本報告書を通じて、学生・院生のからだとこころの状況について、大学関係者の方々に関心をもっていただくとともに、保健管理センター等との連携の強化をご検討いただけましたら幸いです。

大学生の病気・ケガ2006-2011

大学生の病気・ケガ2006-2011

 この報告書は、2006年から2011年までの学生総合共済の給付実績と学生賠償責任保険の支払実績をもとにして大学生の病気やケガについて、賠償事故では特に増加している自転車事故の分析をしたものです。
 社会や経済の動向、大学生の生活態度や意識の変化などの視点も踏まえて分析を行い、大学生特有の傾向も確認することができました。
 大学生を取巻くリスクとそれに対応する大学生協の保障制度について関心を持っていただくとともに、メンタヘルスや自転車事故防止などに関する論議の端緒としてご活用ください。

学生が考えるリスクへの備え

 大学生協共済連では、学生組合員のより多くの「声と参加」をもとに共済事業を強めていくことを中期計画の方針に掲げています。ここにご紹介する作品は、現役学生が【自分事】として、身近な学生生活のリスクへの備えについての問題意識を見事に具体的な提案にまとめあげたものです。ぜひともご覧ください。

ページの先頭へ