ニュース詳細

2017年12月22日(金) | ニュース

大学生協共済連第8回通常総会を開催しました(全議案可決)

全国大学生協共済生活協同組合連合会は、2017年12月16日(土)~17日(日)に、つくば国際会議場(茨城県つくば市)で第7回通常総会を開催しました。総会には代議員353人(総数362人)が出席(書面・委任出席を含む)し、2017年度事業報告、2018年度事業計画、予算等の6議案すべてが賛成多数で可決されました。

2018年度は共済事業第7次中期計画の3年目(最終年度)として、中期計画の基本方針

  1. 共済事業を、組合員のより多くの「声と参加」をもとに強めていくことを通じて、たすけあいをキャンパスに広げます。
  2. 組合員、大学・保護者・社会へ貢献し、大学生協全体の成長にもつながる共済事業をすすめます。
を踏まえ、中期計画の推進課題
  1. 多くの加入者を迎え、「入っていてよかった」と思える組合員のための共済事業をすすめます。
  2. 予防活動を組合員・大学とともにすすめ、キャンパス・社会にたすけあいを広げます。
  3. 会員生協の共済事業を支えるために、ブロック・共済連の推進体制を強化します。
で計画した具体的執行課題及び検討をすすめる課題の具体化に取り組みます。


前ページへ戻る

ページの先頭へ