共済金請求のしかた・窓口

「生命共済」共済金請求のしかた

生協に連絡します

大学生協の共済受付窓口に行くか、電話でご連絡ください。

  • 電話の場合は「大学生協 共済・保険サポートダイヤル (0120-335-770)」までお願いします。
  • ご連絡は、状態が落ち着いてからでもかまいません。
  • 病院独自の診断書は請求に使用できないことがあります。診断書を取得する前にご相談ください。
  • 他の保険会社の診断書はコピーをとって保管しておきましょう。

窓口や電話では、病気や事故・ケガ、その他の状況をうかがいます。

生協から必要な書類を受け取ります

窓口や電話でおうかがいした内容にもとづいて、「共済金請求のご案内」など、共済金の請求に必要な書類をお渡しします。(電話の場合は郵送します。)

  • 治療内容や入通院の期間または手術の種類によって共済金の請求に必要な書類が異なります。
  • 医療機関からもらった領収証(書)・レシートは請求の際必要になることがあります。大切に保管しておきましょう。

必要な書類をそろえます

治療終了のめどがたってからご請求ください。

  • 入院が30日以上になる場合は、治療中でも共済金の請求ができます。大学の生協窓口にご相談ください。
  • 受付時にお渡しする「共済金請求のご案内」をお読みになり、わからない場合は生協にお問合わせください。
  • 診断書等の取得費用は、加入者の負担です。

生協に書類を提出します

直接窓口へお持ちいただくか、郵送してください。

大学生協共済連で審査し、共済金をお支払いします

用語等の説明

医師について
医師とは医師法に定める「医師」および歯科医師法に定める「歯科医師」とします。このご案内では柔道整復師を含めます。

病院について
保障対象の医療機関とは医師法・歯科医師法の「病院」「医院」「診療所」と柔道整復師法の「接骨院」「整骨院」をさします。このご案内では医療機関を「病院」と表記します。

*柔道整復師、鍼灸師等による治療(通院)は、次に該当する場合に保障します。ただし、健康保険の療養の給付または療養費の対象となる場合に限ります。

  • ①柔道整復師(接骨院)…脱臼、骨折、打撲、捻挫の場合
  • ②鍼師、灸師またはあん摩マッサージ指圧師…医師より医療上の必要性を認められ事前に指示された場合

領収証(書)について
大学生協共済連が必要とする領収証(領収書)とは、医療機関名・患者氏名・治療日・入通院区分・金額(報酬点数)が明記されているものです。

「火災共済」(家財保障・借家人賠償責任保障) 共済金請求のしかた

速やかに連絡してください

火災・水もれ等で借用戸室に損害を与えてしまった場合
大家(貸主)さんに連絡をしてください。火災の場合は消防署へも連絡をしてください。

損害を受けた家財の保管
家財保障の対象となる家財が損害を受けた場合、写真を撮っておいてください。また家財などは処分せず保管をしておいてください。損害の程度が確認ができない場合は共済金がお支払いできない場合もあります。

生協に連絡します

早めに大学生協の共済受付窓口に行くか、電話でご連絡ください。
電話の場合は「大学生協 共済・保険サポートダイヤル (0120-335-770)」までお願いします。

窓口や電話では、事故の種類や状況をうかがいます。
事故の状況を確認するため「現場および損害箇所、損害物」の写真をお撮りください。
扶養者(保護者)へも連絡してください。

生協の「学生賠償責任保険」にご加入の方は
水もれ事故で階下の家財に損害を与えたり、階下の部屋に損害を与えた場合は、保険金の支払対象となる場合があります。加入の有無について確認してください。

生協から必要な書類を受け取ります

窓口や電話でおうかがいした内容にもとづいて、「共済金請求のご案内」など共済金の請求に必要な書類をお渡しします。(電話の場合は郵送します。)

借家人賠償責任保障を請求する際のご注意

大家(貸主)さんと取りかわす「示談書」は大学生協共済連から承認の連絡があるまで取りかわさないでください。
修理の「見積書」と「現場写真」を事前に提出いただいた後、大学生協共済連から示談についての可否を連絡します。

必要な書類をそろえます

クリーニングや修理代を請求する場合は領収証の提出が必要です。

生協に書類を提出します

直接窓口へお持ちいただくか、郵送してください。

大学生協共済連で審査し、共済金をお支払いします

入学前火災事故見舞金について
火災共済掛金払込日の翌日以降、保障開始日前に起きた火災、水もれ、風水害などの事故について、お見舞金をおおくりします。詳しくはこちらをご覧ください。

「火災共済」(盗難保障) 共済金請求のしかた

速やかに連絡してください
  • 盗難被害に気付いたら現場をできるだけ発見時のままにしてください。
  • 速やかに警察に通報してください。
    警察に盗難の届出をすると、「受理番号」が発行されます。その番号は請求の際必要になります。
  • 通帳やキャッシュカード、クレジットカード、健康保険証、運転免許証、パスポート等届出が必要なものを盗まれた場合は、該当する連絡先に速やかに届出をしてください。
  • 大家(貸主)さんにも連絡をしてください。
  • スペアキーなども確認してください。壊されていなくても、万が一のため、「鍵」は交換することをおすすめします。大家(貸主)さんに相談しましょう。

生協に連絡します

早めに大学生協の共済受付窓口に行くか、電話でご連絡ください。
電話の場合は「大学生協 共済・保険サポートダイヤル (0120-335-770)」までお願いします。

窓口や電話では、事故の種類や状況をうかがいます。

  • 事故の状況を確認するため「現場」の写真をお撮りください。
  • 扶養者(保護者)へも連絡してください。

生協から必要な書類を受け取ります

窓口や電話でおうかがいした内容にもとづいて、「共済金請求のご案内」など共済金の請求に必要な書類をお渡しします。(電話の場合は郵送します)

必要な書類をそろえます

借用戸室修理費用を請求の場合は修理の「見積書」と「現場写真」を事前に提出してください。

生協に書類を提出します

直接窓口へお持ちいただくか、郵送してください。

大学生協共済連で審査し、共済金をお支払いします

入学前火災事故見舞金について
火災共済掛金払込日の翌日以降、保障開始日前に起きた盗難事故について、お見舞金をおおくりします。詳しくはこちらをご覧ください。

入学前火災事故見舞金について (火災共済にご加入の新入生のみなさまへ)

3月31日までに火災共済に加入された新入生(※)の保障開始日は4月1日ですが、掛金払込日の翌日以降、保障開始日前に起きた火災・水もれ・風水害・盗難等の事故について、「入学前火災事故見舞金」をおおくりします。

万一被害にあわれた場合、1万円を超える損害について火災共済規約に準じて対応いたします。借用戸室で給排水設備からの水もれおよび破裂・爆発の際の、階下、隣室の家財への法的な賠償が必要な場合に、1万円以上の損害に対して最高1200万円まで(KV型以外で契約された方は1000万まで)の見舞金があります。

(※) これまで大学生協のない大学に在籍していた学生が、生協のある大学に進学・編入した場合も含みます。

お問い合わせ

  • 各大学生協の共済窓口 または
  • 大学生協共済連
    共済・保険サポートダイヤル 0120-335-770
    平日/9:40〜17:30  土 /9:40〜13:00

お問い合わせ先一覧

加入手続のしかた
各大学生協の窓口までお問い合わせください。
保障内容について
0120-335-770
0120-020-650

ページの先頭へ