ケース別支払事例
自分の自転車が盗まれた場合

加入者の借用戸室の敷地内に併設された、専用の駐輪場所に施錠保管していた被共済者所有の常用自転車が盗まれたときに保障します。

損害額(再取得価額)は30,000円を限度とし、そこから自己負担分(5,000円)を差し引いた額をお支払いいたします。
原動機付自転車、フル電動自転車は対象外です。電動アシスト自転車は対象になります。
盗難にあわれたら、必ず警察に届け出をしてください。警察に届け出をすると「受理番号」を教えてくれます。その番号を生協窓口にて申請書類に書いていただきます。

支払事例

  • マンションの駐輪場に施錠して駐輪していた自転車が盗まれた。(支払共済金:15,000円)
  • アパート敷地内の駐輪場にとめていたロードバイクが盗まれた。(支払共済金:25,000円)

こんな時はお支払いできません

  • 共済期間外の事故
  • 契約者、被共済者(保障の対象となる方)の故意、重大な過失
  • 借用戸室の敷地外(大学、駅など)における盗難
  • 被共済者(保障の対象となる方)の所有でないものの盗難
  • 火災等、風水害等の際の紛失、盗難
  • 地震、噴火、津波の際の盗難または紛失
  • 戦争、革命、内乱等の事変、暴動、騒じょう等の際の盗難
  • 施錠保管していなかった際の盗難

ご注意

  • 自転車盗難について保障されるのは火災共済KV型・KW型の加入者の方のみです。以前のKT型・KY型の加入者の方は保障がありません。また、KV型・KW型に更新していてもKT型・KY型の保障期間にあった盗難事故に対しては保障されません。
  • 借用戸室と同一敷地内の駐輪場でない場所で盗まれた場合は保障されません。

例) 駅前、大学内、コンビニ前などで盗まれた場合、借用戸室と同一敷地内だが家主が指定する駐輪場ではなかった場合(自室の玄関前に無断で置いていた場合など)

※駐輪場ではないが、借用戸室と同一敷地内で家主が指示する場所に施錠して駐輪していた場合は駐輪場とみなす場合があります。

共済金をお支払いする場合、お支払いできない場合について詳しくは 重要事項説明書・ご契約のしおりなどをご覧ください。

ページの先頭へ