ケース別支払事例
扶養者が事故で亡くなられた場合

扶養者の方が不慮の事故で亡くなられた場合、扶養者事故死亡特約共済金(500万円)を一括または分割でお支払いします。

注) AF型(保障開始日が2015年4月1日以降)の場合。
生命共済契約の共済期間を通じて1回限りの支払いとなります。

支払事例

  • 作業中に後退してきたフォークリフトと衝突した。
  • 登山中に滑落した。
  • バイクで転倒して、トラックと衝突した。
  • 自宅ガレージで雪かき中に、屋根が抜けて転落した。
  • レジャーでボートに乗っている時、ボートから転落した。

こんな時はお支払いできません

  • 共済期間外に発生した不慮の事故を直接の原因として亡くなった場合。
  • 不慮の事故以外の原因により亡くなった場合。
  • 契約者、被共済者(保障の対象となる方)の故意。
  • 扶養者の故意、重大な過失、自殺行為、私闘。
  • 共済金受取人の故意、重大な過失。
  • 契約者、被共済者(保障の対象となる方)、共済金受取人または扶養者の犯罪行為。

共済金をお支払いする場合、お支払いできない場合について詳しくは 重要事項説明書・ご契約のしおりなどをご覧ください。

ページの先頭へ