ケース別支払事例
借りている部屋の中の加入者の所有物が盗まれた場合

居住している借用戸室内の自分の現金が盗まれたとき、また自分の所有する家財が盗まれたときや壊されたとき、汚されたときに保障します。

盗難にあわれたら、必ず警察に届け出をしてください。警察に盗難の届け出をすると「受理番号」を教えてくれます。その番号を生協窓口にて申請書類に書いていただきます。

支払事例

借りている部屋に置いてあった自分の家財が盗まれたとき
  • 引っ越してすぐ、カギを閉め忘れていた窓から侵入され、ノート型パソコンを盗まれた。(支払共済金:206,303円)
  • ピッキングによりパソコンを2台、CDプレーヤー、デジカメ、腕時計、現金(1,500円)を盗まれた。(支払共済金:302,000円)
  • ベランダに干していた衣類を物干しごと盗まれた。(支払共済金:31,416円)
  • 1日空けて帰宅したら、窓ガラスが割られてノートパソコンと電子辞書を盗まれた。(支払共済金:211,550円)
借りている部屋に置いてあった自分の現金を盗まれたとき
  • 窓ガラスを割られ、現金を盗まれた。(支払共済金:40,525円)
  • 帰宅したらカギが開いていて現金を盗まれた。(支払共済金:30,000円)

借用戸室とは

  • 下宿・アパート・マンション・寮など賃貸借契約書をむすんで借りている部屋のことをいいます。
  • 借用戸室専用のベランダ・バルコニーは借用戸室に含まれます。
  • 駐輪場や廊下などは借用戸室に含まれません。

こんな時はお支払いできません

  • 共済期間外の事故
  • 契約者、被共済者(保障の対象となる方)の故意、重大な過失
  • 盗難事故の時点で借用戸室内に存在しなかった家財・現金の被害
  • 借用戸室外(共用部分、駐輪場など)における盗難
  • 被共済者(保障の対象となる方)の所有でないものの被害
  • 火災等、風水害等の際の盗難
  • 地震、噴火、津波の際の盗難または紛失
  • 戦争、革命、内乱等の事変、暴動、騒じょうの際の盗難
  • 紛失
■ 次の物は保障の対象となりません。
有価証券、定期券、クレジットカード、プリペイドカード、クーポン券、貴金属、書画、骨とう、自動車等(125ccを超える自動二輪車を含む)、動植物等

ご注意

  • 自分の部屋にあった物・現金が盗まれたが、それが自分のものではなく友達のものだった場合は保障されません。預かっていた部費を盗まれた場合も保障されません。
  • 盗難の場合、臨時費用見舞金はありません。
  • 借用戸室の敷地内に併設された専用の駐輪場所に、施錠保管していた被共済者所有の常用自転車が盗まれた場合は対象となります。
    詳しくは「自分の自転車が盗まれた場合」
  • キャッシュカードや通帳が盗まれても、その後現金が引き出されていない場合は保障されません。(預貯金額への保障ではありません)
  • 学生証などの再発行手数料は保障されません。

共済金をお支払いする場合、お支払いできない場合について詳しくは 重要事項説明書・ご契約のしおりなどをご覧ください。

ページの先頭へ