ケース別支払事例
盗難で借用戸室の窓ガラスやカギなどが壊された場合

盗難により借用戸室の窓ガラスやカギが壊され修理代を負担しなければならないとき保障します。

※盗難であなたが借りている部屋が被害にあった場合の保障です。(自宅や持ち家から通学されている方は、火災共済には加入できません。)

※盗難にあったら必ず警察に届け出てください。「受理番号」を教えてくれるので、その番号を生協共済窓口で書類に記入してください。

※KT型は、5,000円は自己負担となりますので、あらかじめご承知おきください。

こんな時に給付されます

  • ベランダ側の窓のカギが壊されていたが、何も盗まれていなかった。(カギ修理代7,500円給付)
  • ドアのシリンダーが壊された。盗られたものはない。(シリンダー修理代15,000円給付)
  • 窓ガラスが割られ、パソコン・プリンター・電子辞書が盗まれた。(窓ガラス修理費32,330円・盗難家財保障265,058円の合計297,388円給付)
  • 下宿している部屋の窓ガラスを割られ、洋服・下着などを盗まれた。(窓ガラス修理代95,000円・盗難家財保障101,354円の合計196,354円給付)
  • ベランダの窓を割られ、土足で侵入されたため、家財道具が汚れてしまった。ノートパソコン、下着全部がなくなっていた。(窓修理費30,700円・盗難家財保障300,000円の合計330,700円給付)

借用戸室とは

  • 下宿・アパート・マンション・寮など賃貸借契約書をむすんで借りている部屋のことをいいます。
  • 借用戸室専用のベランダ・バルコニーは借用戸室に含まれます。
  • 駐輪場や廊下などは借用戸室に含まれません。

給付についてのご注意

  • 盗難による被害でないと保障されません。例えば、酔っ払いが石を投げ、ガラスが割れたときなどは保障されません。
  • 自分の部屋(借用戸室)以外での被害は保障されません。
  • 賃貸借契約にもとづいて修理費用を大家(貸主)さんに支払うことになったときに保障されます。

ひとくちメモ

  • 被害にあったらすぐに警察に連絡し届け出てください。
  • 大家(貸主)さんに必ず連絡してください。
  • 必ず、現場の写真をお撮りください。
  • 生協の窓口に行き被害の状況をお知らせください。必要な書類についてご説明いたします。

※火災共済KT型にご加入の方は「自転車盗難」の保障が付いていません。KV型への更改をおすすめします。

ページの先頭へ