満期前にご卒業、ご退学される方へ
解約のお手続きについて

共済・保険の解約は
解約書類
(31変更申込書。以下、解約書類とします。) の提出日 (郵送の場合は解約書類が大学生協へ到着した日) 」が解約日となります。

共済・保険は電話連絡のみでは解約とはなりません。解約書類の提出が必要となります。
解約書類の提出日(到着日)によっては「共済・保険解約返戻金の減少」、「口座振替後の継続された次年度共済契約の解約」となる場合もあります。

※共済は「解約当年度に給付を受けている場合」や、「満期まで1ヶ月以内での解約の場合」解約返戻金はありません。

4月1日保障開始契約の解約の場合

4月1日保障開始契約の解約の場合

受付方法

「満期前に卒業」または「退学」による手続き ⇒ 学生ではなくなるために解約等の手続きが必要です。

各生協店舗にご来店・お電話」でのお手続き

各大学生協店舗では「共済・保険の解約受付」と「出資金返還」を受付することができます。

ご来店の場合、店舗やキャンパスによっては共済受付を行っていない窓口もありますので、あらかじめ各大学生協へお電話で「共済解約受付窓口」をご確認ください。

お申出
解約日は「来店日(郵送でご提出いただく場合は解約書類の大学生協共済窓口到着日付)」になります。
※「解約日」とは契約が終了する日です。
(郵送で手続きを行う場合は書類往復の為、解約日付がお電話後通常2週間程度先の日付となります。)
各大学生協の共済窓口にご来店(またはお電話)」
「共済(生命・火災)のみ」現在の契約の「満期まで保障を継続する」ことができますので、ご希望の場合には依頼の際にお申し出ください。

解約書類への記入
解約書類は「各大学生協の共済窓口にて解約書類(+生協出資金返還書類)にご記入」いただくか、「郵送等で発送」いたします。ご記入の上、提出(または、返送)してください。
退学の場合のみ、退学日付以降に保障が開始された共済の継続契約は取消をすることが可能です。
退学証明書類を用意の上、返送してください。
退学証明書類が無い場合は書類提出日(到着日)付での解約になります。

解約返戻金
共済・保険の解約返戻金」が発生した場合は「来店日での返金、または後日、お振込みでの返金」となります。
来店日での返金可否、お振込みまでの期間は各大学生協窓口までお問い合わせください。

大学生協 共済・保険サポートダイヤルにお電話」での手続き

大学生協 共済・保険サポートダイヤルでは「共済・保険の解約受付のみ」です。

「卒業・退学」などで生協出資金が未返還の場合には別途「各大学生協の共済窓口」へ出資金返還の連絡が必要です。あらかじめご了承ください。

  • お手元に「共済証書・保険加入者証」等、「被共済者番号(加入者番号)が分かるもの」をご用意ください。

  • お電話にて大学生協 共済・保険サポートダイヤル 0120-335-770 までご連絡ください。

被共済者番号(加入者番号)をおうかがいします。
共済証書、保険加入者証に記載されている12ケタの番号です。不明の場合はお電話口でその旨をお伝えください。

オペレーターが解約についてご案内します。
「解約返戻金」については郵送する解約書類でご案内します。

お急ぎの方は
書類ダウンロードのご案内

大学生協 共済・保険サポートダイヤルに使用方法を確認した上で、ご利用ください。

  • ご連絡いただいてから、通常3〜5日程度で解約書類を郵送します。

    ※繁忙期(12月・3月)は、お時間をいただく場合があります。

  • 解約書類ご記入後、同封の返信用封筒にて大学生協共済連まで返送してください。

  • 解約返戻金がある場合は解約書類到着後、1ヶ月から1ヶ月半程度で指定の口座にお振込みします。

お急ぎの方は
書類ダウンロードのご案内

下記の【注意事項】をご確認の上、解約書類を印刷し郵送することで手続きすることもできます。

【注意事項】
  • 書面での事前の解約返戻金のご案内ができませんのでご了承ください。
  • 「ご卒業・ご退学」などで、生協出資金が未返還の場合には別途「各大学生協窓口」へ出資金返還のご連絡をしてください。
  • 記入もれがある場合、手続きができない場合がございます。必ずご確認の上返送ください。
  • 解約書類到着後、1ヶ月から1ヶ月半程度で解約返戻金をお振込みします。

ダウンロード用 解約書類 (一式)

印刷する際の規格等は、つぎのものをご使用ください。

  • 大きさ:日本工業規格A4(拡大・縮小印刷はできません。)
  • 紙 色:表裏とも白色(印字は黒色でお願いします。)
  • 紙 質:一般的なコピー用紙と同等のもの(感熱紙及びロール紙は使用できません。)
  • ※印刷する解約書類の記載内容の改ざんはできません。また、改ざんした用紙を使用することはできません。
  • ※PDFファイルを表示、印刷するには、アドビシステムズ株式会社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。
    お持ちでない方は、アドビシステムズ株式会社のサイトからAdobe Readerをダウンロードし、インストールしてからご利用ください。
    Get Adobe Acrobat Reader

ページの先頭へ