共済金・保険金 受け取った方の声

【生命共済】共済金支払事例と、たすけあいアンケートから学生の声

ゲリラ豪雨の中を自転車走行中、水たまりで転倒し、ガードレールに衝突
左腕左膝左脚の挫創 通院12日 支払共済金24,000円
数メートル先も見えないようなゲリラ豪雨に突然襲われてしまった。自転車の転倒(水たまり)でも、思いがけない大ケガになってしまう。共済の窓口で、書類の書き方を親切に教えてもらい助かった。

・・・T大学 Tさん 男性(学部1年生)

雨の中、カーブを曲がろうとして滑って自転車ごと転倒
左膝膝蓋骨全部挫滅剥皮創 通院8日 支払共済金16,000円
雨の日や雪の日は道が滑りやすいため、普段よりも注意をして自転車に乗ることが大切です。
事故は本当に怖いです。一歩間違えると命を落としてしまったり、ケガの部位によっては、回復するまで日常生活に支障が出たり後遺症が残ってしまいます。ちょっとした不注意が人生に大きく影響することもあるので、他人事だと思わずに日ごろから気を付けてください。

・・・T大学 Hさん 女性(学部3年生)

通学のため自転車走行中、青信号を渡ろうとして車と接触事故
捻挫と打撲(頸部、肩関節、手関節、右膝) 通院17日 支払共済金34,000円
信号が青でも、横断歩道でも、絶対安全ではないということです。自転車通学中に車との接触事故でしたが、頭なども打った可能性があったので、頭部MRIなども調べて安心することができました。ありがとうございました。

・・・N大学 Uさん 女性(学部3年生)

友人宅に向かって自転車走行中、バランスをくずしてガードレールに衝突(11針の裂傷)
左下腿裂創 通院6日12,000円
今回夜間に思わぬケガをし、夜間診療で自分にとっては高額な医療費を支払う事となりました。共済に加入していたお蔭で負担を少しでも軽減できたことが大変助かり有難かったです。

・・・K大学 Mさん 男性(学部1年生)

駐輪場の入り口の砂利に車輪をとられて転倒(6針の裂傷)
膝の裂創 通院11日22,000円
通学中に転びました。自転車の車輪が砂利の石にとられてしまいました。砂利のあるところでは、手前で自転車を降りて手で押すべきです。困ったときが来ないと思っていたのですが、意外と身近に危険はあります。自分は大丈夫はありえません!

・・・R大学 Sさん 女性(学部3年生)

大学から自転車で帰宅中、横断歩道で車と接触して転倒
右鎖骨骨折 入院12日、手術1回、通院7日、固定期間8日 支払共済金192,000円
信号のある交差点でしたが、信号が青でもよく見て、注意して通ることが必要だと思いました。当初共済は必要ないと思いながらお守りのつもりで加入していましたが、まさか自分が共済のお世話になるとは思いませんでした。皆さんも気をつけて大学生活を送ってください。

・・・N大学 Tさん 男性(学部1年生)

【学生賠償責任保険】保険金を受けとった学生の声

保険に入っていて良かった
自転車は自動車や住宅とは違い、保険に入る機会、意識がそれ程強くありません。事故を起こし、人を負傷させることは自動車と同じくあり得ることなので、そうしたいざという時の備えをした方がいいと思います。

・・・T大学 Sさん 男性

交通ルールを守ろう
自転車といえども、相手を巻き込む事故になるので、最近は自転車の交通ルールも厳しく問われているので気をつけなくてはと思います。

・・・S大学 Aさん 女性

雨が降っているとすべって危ない
"雨の時には、すべって危ないので自転車に乗らない!!自分は大丈夫はない!!"

・・・W大学 Tさん 男性

いつ、何が起こるかはわからない
正直、自分は関係ないだろうと思っていたけど、いつ誰が自転車で事故をおこすか分からないということは心のすみにとどめておくべきだと思いました。

・・・T大学 ああちゃん 女性

人にケガをさせてしまうことの怖さ
自転車の運転を慎重に。人にケガをさせてしまうことの怖さは言葉ではあらわせません。しかし、この保険に入っていなかったら家族も私自身も、ものすごく大変なことになっていたのは事実です。

・・・T大学 Sさん 女性

車との接触事故
車と接触事故を起こすと、ほんの少しかすっただけでも場合によっては40万円近い費用がかかってしまう。かりに保険がおりたとしても、解決までの手続と心的ストレスは並大抵のものではない。ぜひ自転車を運転するときは事故を起こさないよう気をつけて欲しい。自分も今後気をつけたい。

・・・H大学 Kさん 男性

普段から注意を
「自転車」での事故は自分には無縁だと思っている人が多いと思います。でも、1番利用する交通用具です。普段から注意することで防げる事故が多いので基本的な右、左の確認を忘れないでください。

・・・E大学 Yさん 女性


ページの先頭へ