健康便り

9月の健康便り

人には聞けないお通じのこと —健康—

おしゃべりの話題にしにくいことのひとつに「お通じ」があります。いつもと違うお通じが出て不安を感じても、人には聞きづらくて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。学生生活無料健康相談テレホンには、「変な色のお通じが出たが大丈夫か」、「便に血がついていた。悪い病気だろうか」といったお通じに関する相談がよく入ります。

一般的に理想的なお通じとは練り歯みがきからバナナ程度の柔らかさの便で、トイレの中でも形がくずれない状態。表面は粘液で覆われているので、自然ないきみでスルリと出ます。肛門を傷つけたり、周りにべっとりとくっついたりすることはなく、出た後にすっきりした感覚があります。色は黄色から茶褐色。多少緑がかっていても問題ありません。1日に1~2回出るのが理想ですが、2~3日に1回でも周期的に便通があり、排便後にすっきり感があれば心配いりません。皆さんのお通じはどうですか?
下記に気になるお通じの一部をあげましたので、参考になさってください。

〔硬さ〕

ころころ:大腸に長い時間とどまっていたため水分が吸収されすぎたもの。ストレスや疲労をためないようにし、水溶性食物繊維を多く含む食品をとって便通をよくしましょう。水溶性食物繊維は熟した果実やこんにゃく、海草などに含まれる粘性の物質です。

どろどろ・水っぽい:おなかの冷え、暴飲暴食、消化不良、脂肪分のとり過ぎなどが原因で一時的に見られます。胃腸炎など、病気が原因で起こるときもあります。思い当たることがないとき、ゆっくり休んでも症状が治まらないときには無理せず内科受診を。
普段太い便が急に細くなった:大腸にポリープなどができていることがあるので注意が必要です。

〔色〕

黒色:のりやイカ墨などの黒い食べ物を食べたとき、鉄剤などを服薬したときに黒いお通じが出ることがあります。黒いどろっとしたものが出ているときは、胃や十二指腸など上部消化管からの大量出血の疑いがあります。胃酸と血液が混ざることで黒色便になるのです。大量の鼻血や口腔内の出血を飲み込んだ場合などにも見られます。早めに消化器科や内科を受診しましょう。

赤色:トマトなど赤い食べ物をたくさん食べたとき、抗生物質を服薬したときなどに赤っぽい便がでることがあります。それ以外でお通じに血が混じりこんでいる血便は大腸からの出血が疑われ、便の表面に血がついている場合は肛門や直腸などからの出血が疑われます。便に血が混ざったり、ついていたりしたときにはどこからの出血か確認するため、早めに消化器科を受診してください。

灰白色:バリウムの検査を受けたあとに見られますが、食事で脂肪分をとり過ぎたあとに見られることもあります。思い当たることがなければ、肝臓やすい臓、胆道などの病気や胆石の疑いも考えられるので消化器科を受診したほうがよいでしょう。

お通じはその日の体調や精神状態を敏感に反映してくれます。毎日少しの時間でかまいません。お通じの状態チェックで自分の体調を確認してみてはいかがでしょうか。

今日も探し物、忘れ物 —メンタル—

よく物をなくす。でも、思いもよらないところからひょいと出てくる。チャキチャキ動くことができるのだけど、終わった後の片づけが苦手。そんなことはありませんか。もしかすると、小さい頃から同じようなことで怒られたりしてきたかもしれません。でも一生懸命やっているんです。

Gさんは大学入学後から一人暮らしを始めて1年半になります。もう大学生活にも一人暮らしにもすっかり慣れました。しかし、今でも週に1回は大学に行く前に財布が見つからなくて焦ります。どうにも見つからなくて、「今日は友達に借りよう」とあきらめて家を出ようとすると、玄関の下駄箱に財布が置いてあったりします。昨晩コンビニから帰ってきたとき、靴を脱ぐためにいったんそこに置いたのでした。日々そんなことの繰り返しです。
 夏休みに実家へ帰ったとき、Gさんは何気なくそのことをお母さんに話しました。するとお母さんは「変わらないわねぇ」と笑いました。小学生の頃からGさんは忘れ物の王様でした。三角定規にコンパス、体操着に水着と数え上げれば切りがありません。水泳などはGさんも楽しみにしているのに、元気よく出かけたGさんの部屋で、お母さんは昨日準備していた水着セットを発見するのでした。学校の先生は、Gさんが先生を困らせるためにわざと忘れ物をしていると思って、しばしば叱りつけました。Gさんはそのことで一時期、「自分は悪い人間なのか」と落ち込んだり、逆にわかってくれない先生に反抗的になったりしました。しかし、お母さんはGさんがわざと忘れているわけではないことをわかっていました。それで、Gさんを叱るのではなく、忘れそうな物は一つの袋にまとめて、玄関にGさんの靴と一緒に置いておいてあげたものでした。
「そんな気遣いがあったとは…」と今更ながら偉大な母に感謝したGさん。早速、ふだん使うものは全部一つのバッグに詰めて、いつもそれを持ち歩くようにしてみました。荷物が重くなるのが難点で、バッグの中では相変わらず財布は行方不明になりがちですが、家中を探し回ることは少なくなりました。

気をつけているつもりなのに、何か忘れてしまったり、なくしてしまったりする。これは、意思の強さの問題ではなく、「注意」の問題かもしれません。何かに意識を向け続けるのが元々苦手なのです。Gさんも、靴を脱ぐことに「注意」が向いた時点で、財布を置いたことから「注意」が離れてしまうのでしょう。こうした不注意に叱責や懲罰で対処することは問題をこじらせ、さらに本人の自尊心を傷つけます。元々持っている特徴であると理解すること、その特徴に適した対応を考えることが、本人にとっても周囲にとっても大切なことです。

※上記事例は、「学生生活無料健康相談テレホン」の複数の相談例に基づいて創作した架空の事例です。

ページの先頭へ