健康便り

10月の健康便り

コンタクトレンズは正しく使おう —健康—

皆さんの周りにコンタクトレンズを使用している人はどのくらいいますか?顔の印象が変わらない、運動をしてもメガネのようにずれない、曇らないなど、コンタクトレンズにはたくさんのメリットがあります。しかし、使用者が増えるにつれトラブルも増加しています。学生生活無料健康相談テレホンには「一日中はずさないでいたら、目が痛くなった」「2週間の使用期間を無視していたら目が真っ赤になってしまった」といった相談が寄せられます。

 コンタクトレンズは目に直接のせて使用する高度管理医療機器です。長時間使用すると黒目の部分を覆っている角膜に負担がかかる、レンズの汚れで角膜上皮が傷つく、はがれるというトラブルが生じます。また、汚れによるアレルギーで結膜炎になったり、傷から細菌やカビが侵入して感染を起こし、潰瘍ができたりすることもあります。潰瘍は治りにくく、治っても角膜の部分が混濁したり、視力障害が残ったりする場合もあるので注意が必要です。使用する前には添付文書をよく読み、注意事項を守って使用しましょう。下記に、特に注意してほしいことをあげますので参考にしてください。

<必ず眼科受診を>

コンタクトレンズ使用の際は、視力や目のカーブだけでなく、レンズの使用が可能な状態かどうか、涙の量はどうかなど、総合的に診てもらうことが大切です。必ず眼科医に処方箋をもらってから購入しましょう。

<定期的なレンズ交換>

汚れの蓄積やレンズの破損、変形などは眼障害の原因となります。定期的に新しいレンズに交換しましょう。

<レンズのケアは正しく>

こすり洗いが必要なものは、きちんとこすらないと汚れや細菌が十分に落ちません。特にソフトレンズは水分を多く含むため、細菌が繁殖しやすい状態です。毎日洗浄し、消毒は正しく行いましょう。レンズを扱う前に石鹸で手をよく洗うこともお忘れなく。ケア用品の添付文書も必ず読んでください。

<レンズケースも清潔に>

毎日洗い、自然乾燥を。ケースも定期的に交換することが大切です。

<異常時は使用を控える>

目やにや充血、異物感など、目に異常を感じたら使用を中止し、すぐに眼科を受診しましょう。そのまま使用を続けると、重篤な眼疾患や失明につながる危険性があります。

<検診を受ける>

自覚症状がなくても眼障害が起こっている場合があります。ハードレンズは目に異物感があると気づきやすいのですが、装用感のよいソフトレンズは、障害が起こっていることに気づきにくく、痛みや違和感があるときにはすでに症状が悪化していることが多いので要注意です。検診はきちんと受けましょう。

10月10日は目の愛護デーです。大切な目を守るため、コンタクトレンズを使用している方はお手入れ方法や使用期間の再確認をしてみてはいかがでしょうか。

自分らしくなれない —メンタル—

「みんなは楽しそうでいいなあ。自分らしく生き生きとしている」。Hさんはいつもそう思って、みんなを羨ましく見ています。Hさん自身は何をやっても、「間違いなく自分の意思で選んだ」という自信が持てません。楽しくないわけではないのです。野球が好きで、プロ野球観戦サークルに入っていて、応援しているチームが勝てば嬉しいと感じます。しかし、サークル活動だから仕方なくみんなと観戦しているのであって、自分は本当にその日に観戦したかったのか疑問が沸いてきます。野球が好きなのは間違いありませんが、それも元をたどれば両親が少年野球チームに入れてくれたのがきっかけです。自分で選んだわけではありません。別の家に生まれていたら、サッカーチームに入れられて、サッカー少年になっていたかもしれません。そういえば大学もそうです。法律に興味を持って法学部に入りましたが、就職のことを考えて有名大学を選んだという打算もありました。今の大学を選んだ主体的な理由は正直言ってわかりません。自分にぴったりだと思える自分らしい生き方をしたいと、Hさんは常々思っていますが、なかなか自分らしくなれません。

Hさんの悩みは深いようです。しかし、そもそも「自分らしさ」とはなんでしょう。Hさんは、みんなが持つ「自分らしさ」に憧れていますが、みんなはHさんが思うほど「自分らしく生きている」と思っているのでしょうか。

きっかけは親の勧めでも、本人が好きでなければ続きません。逆に、親が勧めてくれなければ、自分がそれを好きだということに気付かなかった可能性もあります。また、付き合いで周りに合わせることはある程度必要な協調性ですし、合わせるだけでなく自分もその場を楽しんでいたりするわけです。

つまり、完全に自分の意思だけで選んだことなど実際にはほとんどありません。私たちの中には形にならない思いがあり、偶然の出会いや誰かの誘いが、その思いに形を与えるのです。どちらかが原因とは言えません。思いがなければ出会いを見過ごしますし、出会いがなければ思いがあることに気づきません。あえて言えば、自分と環境の間にしか「自分らしさ」は生まれないのです。

その意味では、Hさんはすでに「自分らしさ」を発見しているはずですが、それを「自分らしさ」だと認められないようです。いつも周りに合わせてきたという思いもあるのでしょう。しかし、それは自分が環境との相互作用の中で生きていること、すなわち、みんなの世話になっていることを認められないということでもあるのです。

※上記事例は、「学生生活無料健康相談テレホン」の複数の相談例に基づいて創作した架空の事例です。

ページの先頭へ