健康便り

11月の健康便り

ウイルス性胃腸炎にかかったら —健康—

年末に向かって忙しくなるこれからのシーズン。寒さや乾燥に加え、疲労などで体力が落ちてくるとさまざまな病気にかかりやすくなります。その中でも下痢や吐き気、嘔吐を伴うウイルス性胃腸炎は冬場に流行する代表的な感染症です。学生生活無料健康相談テレホンには、「受診後吐き気止めを飲んだが、吐き気がおさまらない。どうしたらよいか」「下痢が続くが下痢止めを使ったほうがよいか」などといった相談が入ります。

ウイルス性胃腸炎はロタウイルスやノロウイルス、アデノウイルスなどのウイルスが原因となる胃腸炎の総称です。原因ウイルスにより流行時期が異なるため1年を通して見られます。冬の季節に多いのはノロウイルスやロタウイルスで、感染力が強く流行しやすいので有名です。ウイルス性胃腸炎は症状のある期間が比較的短く、特別な治療法がないことから、診断には、時間のかかるウイルス検査は行わず流行状況や症状から判断されることもあります。

一般的な症状は、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛が主で、発熱などが見られることもあります。ノロウイルスを原因とする場合、症状は1~2日と短期間のことが多く、ロタウイルスを原因とする場合は5~6日症状が続くこともあります。ウイルスが原因の胃腸炎の場合、特効薬はなく、治療の中心は吐き気止めや整腸剤などによる対症療法が一般的。下痢止めはウイルスの排出が遅れ、回復に時間がかかることがあるので、使用には注意が必要です。家庭での対応で症状がおさまることもありますが、血便が出る、吐き気がおさまらず水分が取れないなど、症状がひどい場合は無理せず受診しましょう。 家庭での対処では水分補給が大切です。しかし、吐いた直後は胃腸を休ませるため何も口にしないようにしましょう。吐き気が落ち着いてきたら水分をティースプーンで少量ずつ飲むようにします。ペットボトルやストローなどでごくごく飲んでしまうと、刺激で吐きやすくなるので、少しずつ回数を分けて飲むのがポイントです。嘔吐や下痢で体内の塩分も出てしまっているので、イオン飲料やみそ汁、スープなどの摂取がお勧めです。冷たい飲み物は胃を刺激するので、常温か少し温かいもののほうがよいでしょう。糖分が多い炭酸飲料やジュースなどは下痢を悪化させることがあるので注意が必要です。 食事は、吐き気が落ち着いたらとるようにします。ごはんやうどんなどの炭水化物、豆腐や白身魚など脂肪の少ないたんぱく質、繊維質の少ない大根やかぶなど、消化のよいものをバランスよくとるようにしましょう。芋やかぼちゃといった体内でガスが発生するもの、油分の多い揚げもの、辛いもの、冷たいもの、カフェイン、アルコールなどの刺激物は避けてください。

感染してしまうと非常につらいウイルス性胃腸炎。予防は手洗いが第一です。トイレの後や調理、食事の前などにはしっかり手を洗うように心がけましょう。人とタオルを共用しないことも感染を防ぐコツです。

社交性の二種 —メンタル—

 社交的な人はいろいろな面で社会適応能力を持っていますが、その背景にはまったく対照的な性格がかかわっていることがあります。また、社交的な人は人間関係の悩みなんてないだろうと思うかもしれませんが、それぞれに不安や葛藤を抱えてもいます。

 Iさんはサークルのムードメーカーです。人を楽しませるのが上手で、引っ込み思案な人にも優しく話しかけてみんなの輪の中に入りやすくしてあげます。自宅に友達を招くのも好きで、週末は朝まで楽しく飲み明かすこともしばしばです。みんなもIさんに好感を持っていてIさんに誘われると喜んで遊びにでかけます。ただ、深酒をして「みんなずっと友達でいような」と情熱的に語り、泣き上戸になるIさんには、いささか閉口してしまいます。Iさんは本当に人といることが大好きという様子です。しかし、予定のない日曜日には何もする気が起きません。なんだか自分が世界で一人ぼっちになった感じがして、寂しくてたまらなくなるのです。みんなと一緒にいることこそ、Iさんが求めてやまないことなのです。

 今度はJさんの生活をのぞいてみましょう。クラスで飲み会をするといえば、いつも幹事を任されるのがJさんです。Jさんはいつもお洒落なお店を選んでくれます。一人一人の個性をよく理解して、その人の魅力が際立つタイミングで話を振ったり、その人にみんなの注目を集めたりします。自分はあまり表に立たず、控えめで洗練された気遣いには隠れファンもいるようです。Jさんはみんなが楽しく過ごせたことに満足し、二次会には顔を出さないこともあります。みんなのJさんへの信頼は厚いのですが、「社交的で気遣いができる人」ということ以外にJさんのプライベートを詳しく知る人はほとんどいません。Jさんが友達を自宅に招くことはありません。休日は映画を見たり、小説を読んだりして静かに過ごします。小説に出てくるような大恋愛をしてみたいと思いつつ、現実にはそこまで踏み込むことができません。もし隠れファンに告白されても、社交的に相手を楽しませながら、肝心のお付き合いのほうはうまくかわしてしまうでしょう。

 Iさんは寂しがりやで、誰かにそばにいてもらうために社交性を発揮しています。それが、少し度を超えると「あつくるしい人」になってしまいます。Jさんはむしろ、心からの付き合いをすることが不安で、社交性という魅力で身を固め、自分自身を見せません。みんなはJさんに楽しませてもらえるので、Jさんのプライベートがわからないということがそれほど気にならないのです。でも、Jさんのことを本気で好きになった人は、Jさんの心に自分が住んでいないと感じてやきもきするでしょう。
対照的な二人ですが、それぞれ人知れず悩みも抱えているようです。

※上記事例は、「学生生活無料健康相談テレホン」の複数の相談例に基づいて創作した架空の事例です。

ページの先頭へ