健康便り

3月の健康便り

耳、ちゃんと聞こえてますか? —健康—

 3月3日は耳の日です。みなさん、耳の聞こえはいかがですか。
 難聴と聞くと高齢者の症状というイメージがありますが、実は若い人にも起こります。学生生活無料健康相談テレホンでは、「耳鳴りがする。音楽を聴きすぎたせいか」「朝起きたら急に片耳の聞こえが悪くなっていた。受診したほうがよいか」といった相談が入ります。

 耳は大きく外耳、中耳、内耳に分けられます。音は耳の外側部分の耳介で集められ、外耳道を通って鼓膜に伝わります。鼓膜に伝わった音の振動は、その奥の中耳にある耳小骨で増幅されて内耳に伝わります。そして、内耳で電気信号に変換され、神経から脳に伝わります。難聴はこの流れのどこかに障害がおこることで生じます。
 耳垢の詰まりや慢性中耳炎など、外耳や中耳の問題で起こる難聴を伝音性難聴、内耳から脳までの問題で起こる難聴を感音性難聴といいます。伝音性難聴は原因の病気を治療すれば比較的治りやすいのですが、感音性難聴は原因がわからないことも多く、放置しておくと聴力が戻らなくなることもあります。若い人にもおこりやすい感音性難聴には次のようなものがあります。

[突発性難聴]
 明らかな原因がなく、急に難聴が起こる病気です。通常は片方の耳が聞こえなくなることが多く、耳鳴り、耳閉感、めまい、吐き気などを伴うこともあります。原因はウイルス感染説、内耳循環障害説が有力とされており、一般的にはステロイドや循環改善薬、血管拡張薬などが使用されます。症状が急激に出ているときは安静が必要です。自然治癒することもありますが、治療開始が遅れるほど治りは悪くなります。

[騒音性難聴]
 くり返し耳が騒音にさらされ、聞こえが悪くなる難聴を騒音性難聴といいます。内耳の感覚細胞が音で傷つけられることが原因です。急に聴力が低下した場合は、静かな場所で耳を休めたり、服薬や注射をしたりすることで治る場合もあります。ただし、内耳の感覚細胞は再生しないので、徐々に聞こえが悪くなった場合、聴力の回復は困難です。そのため、予防が大切になります。イヤホンやヘッドホンで音楽などを聞いている人は多いと思いますが、騒音の多いところでは必要以上に音量を大きくしがちなため、イヤホンやヘッドホンは使用しない、長時間使用しない、過労や睡眠不足の時は大音量での使用は避ける、使用中に耳鳴りやめまいを感じたら使用をやめるなどしましょう。

 聞こえの悪さや耳鳴りなどの症状に気づいたら、できるだけ早く耳鼻科を受診しましょう。耳の日を機会に、自分の生活習慣を振り返り、耳をいたわってあげてください。

友達の様子がおかしいと感じたら —メンタル—

 大学生になると、一人一人がお互いにあまり干渉しなくなるので、各自が自分のペースで過ごせます。そのため、心や体に不調をきたしている人が周囲にいても、見過ごされてしまうという危険があります。

 Oさんはとてもまじめで、試験前はとりつかれたように勉強するような人でした。そのかいあって成績は良いほうでした。ただ、あるとき友達に「勉強を始めると自分でやめられないんだ。気づくと朝になってるんだ」と漏らしていたことがあるそうです。「それだけ勉強熱心なんだ」と、友達は感心しました。ある友達はOさんに「そんなに一生懸命勉強して、将来は何になりたいの?」と聞いたことがあります。Oさんは「わからないけど大学くらいは出ておかないと」と答えました。その友達は「大学出るだけなら、もう余裕じゃん」と突っ込みましたが、Oさんはただ微笑んで、それ以上なにも言いませんでした。

 Oさんは最近、話しかけても小声でしか返事をしません。まるで聞こえていないかのように返事をしてくれないときもあります。その一方で、何か独り言を言っているように見えるときもあります。「自分の世界に入ってるね」と言って友達が肩を叩くと、Oさんは「いやぁ」と言って笑顔を見せます。試験が近づき、Oさんにノートを借りたある友達は「Oさんってこんなに字が汚かったけなぁ」と疑問に思いました。その友達自身、きちんと授業に出ていなかったので確実なことは言えませんが、どうもOさんがきちんとノートを取っているようには思えませんでした。しかし、借りておいてそんなことを言うのは悪いので、ただ「ありがとう」とだけ言って、ノートをOさんに返しました。このころ、Oさんの着ている服がほとんど変わらないことに気付く人はあまりいませんでした。

 そのうちOさんは大学に来なくなりました。何人かの友達が連絡しましたが、返事が来ないので、やがて連絡も途絶えました。後日、ごく親しかった友達にだけ、「入院していて連絡できなかった」というメールがOさんから届きました。

 どうやらOさんの中で少しずつ心の病が進行していたようです。Oさんは言い表しようのない不穏な感じにずっとさらされていたのかもしれません。Oさんの様子に違和感を持った友達はいましたが、それをあえて口にするのははばかられました。そんなとき、自分たちが直接関わって対処することはできなくても、先生や学生相談室に「友達の様子が心配なんです」と相談してみるという方法があります。もちろん学生生活無料健康相談テレホンでも、そうしたご相談をお待ちしております。

ページの先頭へ