健康便り

7月の健康便り

上手な食事で夏を乗り切ろう! —健康—

 夏は、激しい暑さに適応しようとして身体の調節機能が乱れやすくなる時期。その結果、疲れやすい、だるいなど様々な症状が現れます。学生生活無料健康相談テレホンには、「だるくて食欲がない。何を食べたらいいのか」、「疲れが取れる食事が知りたい」などといった相談が寄せられます。疲れを回復するには食事と休養が大切。今月は夏を乗り切る効果的な食事の仕方をお伝えします。

1)ビタミン・ミネラル・たんぱく質をとる
 夏は汗とともに、カリウムなどの体に必要なミネラルも排出されてしまいます。暑さで食欲がおち、そうめんのようなあっさりしたものばかりとっていると、肉や魚、野菜などの摂取量が減り、たんぱく質やビタミンも不足しがちに。体の調子を整えるビタミンやミネラル、体をつくるたんぱく質の不足は疲労を招きます。量は少なめでも構いません。野菜や海藻、肉や魚、卵などのおかずを意識的にとるようにしましょう。ビタミンB1を多く含む豚肉や納豆は、特にお勧めです。キュウリやシソ、プチトマト、わかめ、ハムやツナ缶など、すぐに食べられるものを常備しておくと、そのまま食べたり、麺類や丼にトッピングしたりして、簡単に栄養を補えます。

2)朝ご飯を食べる
 食事を抜くと1日に必要な量の栄養やエネルギーをとることが難しくなります。1日3食しっかり食べましょう。特に朝食は、午前中に活動するための大事なエネルギー源です。肉や魚、卵などのたんぱく質とごはんやパンなどの炭水化物を組み合わせたメニューがベスト。ハム卵サンドや鮭おにぎりなどがお勧めです。たんぱく質を朝にとることで体温が上がり、体が動き始めます。また、脳のエネルギー源であるブドウ糖は睡眠中に少なくなっているため、脳は朝、飢餓状態となっています。脳のエネルギー補給のためブドウ糖を含む炭水化物の摂取は必須です。

3)温かいものを食べる
 冷房のきいた部屋で過ごし、冷たいものを多くとるなどして、予想以上に体が冷えていることがあります。体の冷えは胃腸の働きを悪くし、食欲低下や胃もたれなどの原因となります。温かい飲み物や食事を意識的にとって体を冷やさないようにしましょう。

 食事は健康の基本です。体力維持に役立つ食材を上手にとって、暑い日々を快適に過ごしましょう。

「過去の記憶」と「今の感情」 —メンタル—

 嫌なイメージを思い出して、なんとなく沈んだ気持ちになることはありませんか?
 過去に失敗したことや怒られたこと、傷ついた出来事…、思い出したくなくても、嫌な記憶が頭に浮かんで、つらい気持ちも一緒に再生されてしまう。そのような経験がある人もいると思います。
 しかし、過去の傷つきにとらわれすぎていると、自分の今の気持ちや、本当にやりたいことが見えなくなることがあります。何か新しいことを始めようと思っても、「またあの時みたいに傷ついたら…」と、「過去の記憶」と照らし合わせて否定的なイメージのスイッチが入ってしまうのです。すると、「今の感情」まで不安でいっぱいになってしまいます。

 例えば、あなたが過去にAさんという人物に意地悪をされたことがあるとします。Aさんと関わったことで、あなたはひどく傷つき、Aさんに対してとても嫌なイメージしか持てませんでした。
 それから月日が経ち、Bさんという人物と知り合いになりました。しかし、Bさんのことは初対面の時から「なんとなく嫌な人だな」と否定的なイメージしか持てません。Bさんと接すると、いつのまにか表情がこわばり、そわそわと落ち着かない気持ちになってきます。あなたは、次第にBさんだけでなく、Bさんとつながりのある共通の友達や、楽しみにしていたその友達との集まりからも距離をおくようになってしまいました。
 なぜでしょうか。Bさんは、過去に意地悪をしてきたAさんになんとなく雰囲気が似ていたのです。Bさん自身は、とても親切で優しい人であったとしても、あなたにとっては、「意地悪するような人だろうから、近寄りたくない」と過去の古傷が騒ぐ対象でしかありません。目の前の出来事に反応するよりも前に、過去の感情を再び味わってしまっているのです。

 このように、過去の記憶にとらわれすぎるために、今、目の前にいる友達をなくしたり、自分が望んでいることを我慢したりしてしまうのは、もったいないと思いませんか。
 過去の出来事は変えられませんし、記憶を消し去ることもできません。しかし、新しい記憶を重ねていくことで、つらかった出来事のイメージが変わってくることはあります。
 前に進めずに立ち止まってしまう時、気持ちを向ける方向を「過去」ではなく「今」に切り替えてみましょう。「また同じことになったらどうしよう」と後ろ向きになるのではなく、実際に目の前で起こっている出来事、目の前にいる人、その人の言葉や態度はどうなのか…、今の現実そのものからスタートしてみることです。「なぁんだ。今度は大丈夫そう」とホッとできる瞬間を積み重ねていくことで、少しずつ過去のつらい記憶も和らいでいくかもしれません。
 過去は、過去。今は、今。「今と過去はちがうんだ」と心の中でつぶやいてみてください。過去にあったことは、今は起きていないし、これから起こると決まっているわけでもありません。「今の感情」は、これから自分で作ることができるのです。

ページの先頭へ