健康便り

4月の健康便り

電動アシスト自転車に乗るときは気を付けて —健康—

 花子さんの友人Cさんが自転車で転倒したらしい。Cさんは電動アシスト自転車。かなりスピードが出ていて、路肩で滑ったみたい。ブレーキをかけて何とか止まったけど、自転車が重くて支えきれなかったって。電動アシスト自転車、楽そうでいいなぁと思っていたけど普通の自転車とはやっぱり違うんだね。花子さんは少し詳しく知りたくなりました。

 Cさん、危なかったですね。電動アシスト自転車は、電力のモーターで自転車をこぐ力を補う自転車です。モーターの能力は道路交通法施行規則で基準が決められています。公益財団法人交通事故総合分析センター(平成24年交通事故・調査分析研究発表会)によると、電動アシスト自転車の出荷台数は年々増加しており、死亡事故も増えています。死傷者数は高齢者の割合が高いですが、10代、20代の若者が登下校時に死傷するケースもあり油断はできません。電動アシスト自転車による事故は普通の自転車による事故と比べ、死者の割合が高く、頭部や胸部の損傷が多いこと、電動アシスト自転車の速度が速いことが、一因であると考えられています。

 事故を起こしたときに死亡や重傷になる可能性が高い電動アシスト自転車。スピードが出やすく、重量もあるので、人にぶつかれば相手に大怪我をさせてしまう可能性も高いでしょう。乗るときはどんなことに気を付けるとよいのでしょうか。

  1. 交通ルールを守る:当たり前のことですがとても大切。信号を守る、信号のない交差点では一時停止や徐行で安全確認をしっかりするなど徹底して。
  2. 歩行者優先:自転車通行が認められた歩道を通行する場合には歩行者に注意して徐行を。
  3. スピードの出しすぎに注意:歩行者にぶつかれば相手にも大怪我をさせる可能性がある。スピードは出しすぎないよう意識して。
  4. ヘルメットの着用:自転車に比べ頭部損傷の比率が高い。ヘルメットを着用することが望ましい。
  5. 取扱い上の注意事項を守る:ペダルに足を乗せるとわずかな力でも走り出してしまうことがある。サドルに腰を下ろしてからペダルを踏みだす、停車時はペダルから足を外すなどの注意を守る。

 坂道が多いところに住んでいる花子さん。電動アシスト自転車を購入したら十分注意して乗ろうと思いました。でも値段が高いので、購入はちょっと先になりそうです。

目標の立て方について —メンタル—

 4月から3年生になった次郎さん。「今年は就活も始まるし、4月から何か始めよう」とぼんやり考えています。部屋を見渡すと、途中で使うのをやめた参考書や数回使った趣味の道具がいくつもあります。
 「何かを続けるって難しいな。今年こそ何かを達成したい。どうしたら続けられる目標を立てられるのだろう」次郎さんは目標の立て方に悩んでいます。

 新年や新年度に立てた目標を途中で諦めてしまい、「どうせ僕は(私は)できない」と考えて自信を失ってしまう。皆さんもそんな経験はありませんか。心理学では、こうしたとき、目標達成の邪魔になる行動が習慣づいていると考えます。したがって、何かを達成するには、目標にたどり着けるような行動の習慣を身につけるようにすれば良いと考えるのです。
 早速、次郎さんと一緒に「目標にたどり着けるような行動を習慣にする方法」を考えてみましょう。ここでは、「部屋をきれいにする」ことを例に考えてみます。

1.やりたい(達成したい)ことの確認:まずは、目標を明確に紙に書いてみましょう。

Point1:
人の意見に左右されない目標にする

(×)「みんながほめてくれる部屋にする」
(○)「自分が不快に感じない部屋にする」

Point2:
ハードルの低い目標にする

(×)「モデルルームのような部屋にする」
(○)「床に物が散らかっていない部屋にする」

2.現状できていることの確認:現時点でできていることを紙に書いてみましょう。

Point1:
目に見えることを確認する

(×)「夜食を控えてごみが出ないようにしている」
(○)「ごみはごみ箱に入れている」

Point2:
気持ちや考え以外を確認する
(×)「やる気はある」
(○)「机の上はきれいにしている」

3.小さな目標の設定:現状と達成したい目標とのギャップを埋めるため、「今できる最も小さな目標」を考えて実行してみましょう。

Point1:
小さな目標にする
(×)「毎日部屋の全てを拭き掃除する」
(○)「毎日部屋のどこか1か所を拭き掃除する」
Point2:
具体的な目標にする
(×)「一生懸命掃除する」
(○)「5分掃除する」
Point3:
ノルマではなく、より取り組みやすい目標にする
(×)「毎日掃除する。できなければ次の日2倍掃除する」
(○)「掃除ができなければ、2日に1回でもよい」

4.振り返り:1〜3を振り返りましょう。
ここでは「できていること」と「できていないこと」に気づくことが大切です。できていなければ、より達成しやすい小さな目標を設定します。

 「なるほど。今までは、難しい目標とか曖昧な目標を結局達成できずに自信を無くしていたけど、こうして実験するみたいに小さな目標を積み重ねていけば、大きな目標も達成できるかもしれない。目標が達成できないのは、自分ができないからではなくて、一度にやろうとする目標が大きかったからだ」と、目標の立て方を反省した次郎さんなのでした。

ページの先頭へ