2022年09月22日(木) | ニュース|新型コロナウイルス感染症に関するご案内

新型コロナウイルス感染症に関する共済金の支払いについて(更新)<診断年月日が、2022年9月26日以降の場合の方>

2022年9月22日(更新)
ご加入者の方へ
新型コロナウイルス感染症に関する共済金の支払いについて(更新)
<診断年月日が、2022年9月26日以降の場合の方>

日頃より大学生協をご利用いただきありがとうございます。
新型コロナウイルス感染症により影響を受けられました皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。また、被患されている方々につきましては、一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

新型コロナウイルス感染症に関する特別な取扱いを実施しております。詳細は以下をご確認ください。

【お詫び】 コープ共済センターへのお電話が繋がりにくくなっております。
現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うお問い合わせが増えています。
なお、受電体制を増やしておりますが、電話が混みあっている状況です。
ご迷惑、ご不便をおかけして申し訳ございません。

お願い
♦共済金のご請求は療養期間・治療が終わられた後にご連絡をお願いいたします。
また、共済金のご請求はご入院・療養等をされてから3年間可能です。
♦お手続きについては<よくいただくご質問>も合わせてご覧ください。
 
【ご請求の対象範囲について】
新型コロナウイルス感染症を原因とする共済金のご請求は以下の範囲となります。
●死亡共済金(および災害死亡共済金)
●重度障害共済金
●入院共済金 等
※2022年9月22日時点での取扱いであり、今後法令の改正等により変更する可能性があります。
 
【共済金のお支払いについて】
※共済金ご請求可能な期限は3年間ですので、それまでにご請求ください。
 
<みなし入院の特別扱い>自宅または宿泊施設等で療養された方へ
下記「みなし入院の特別扱い」の対象となる方が新型コロナウイルス感染症(陽性)と診断され、医療機関等の指示により自宅または宿泊施設等で療養された場合、病気入院共済金の対象とする特別扱いを実施しています(「みなし入院の特別扱い」といいます)。

「みなし入院の特別扱い」の対象範囲(重症化リスクの高い方)
a.65歳以上の方
b.入院を要する方
c.重症化リスクがあり、新型コロナウイルス治療薬(*)の投与または新型コロナウイルス罹患により酸素投与が必要な方
d.妊娠されている方
*新型コロナウイルス治療薬とは、以下に該当する薬剤です。(2022年9月22日現在)
ロナプリーブ(カシリビマブ・イムデビマブ)、ステロイド薬、ゼビュディ(ソトロビマブ)、トシリズマブ、パキロビッド(ニルマトレルビル・リトナビル)、バリシチニブ、ラゲブリオ(モルヌピラビル)、ベクルリー(レムデシビル) 

【療養期間について】
厚生労働省が示す療養期間は「原則7日かつ症状軽快後24時間(無症状の方は検査で陰性を確認した場合は5日間)」となっています。(2022年9月22日現在)
 
【医療機関に入院された方】
新型コロナウイルス感染症(陽性)と診断され、入院された場合は、病気入院共済金の対象となります。
【請求に必要な書類】
当会からお送りする共済金請求書・申告書の他に、以下の書類が必要となります。
※共済金請求書類がお手元にある方で、申告書の記入方法がわからない方は、以下をご覧ください。
◇ 学生総合共済(G1200コース)はこちらです。

内容

ご用意いただく書類

自宅または宿泊施設等で療養した場合

 

 

診断された日が2022年9月26日以降の場合、以下のいずれかに該当する方のみが対象です

 

a.65歳以上の方

b.入院を要する方

c.重症化リスクがあり、新型コロナウイルス治療薬の投与または新型コロナウイルス罹患により酸素投与が必要な方

d.妊娠されている方

My HER-SYS(マイハーシス)に登録されている方

「療養証明書」をお持ちの方

My HER-SYS(マイハーシス)の「療養証明書の画面」(診断年月日が記載された画面)をプリントアウトしてご提出ください。

「療養証明書」をお持ちの場合は、その「療養証明書」でご請求いただけます。
※請求内容によっては、上記以外のその他の証明書等を追加で求める場合があります。 

My HER-SYS(マイハーシス)に未登録で「療養証明書」をお持ちでない方

共通書類

【陽性の証明書類】

(A・Bいずれか1点)

(A)医療機関が発行する検査結果報告書等(下の3項目の記載があるもの。複数の書類の組み合わせでも構いません)

1.新型コロナウイルス感染症(陽性)であること

2.患者(被共済者)名

3.検査日・診断日・療養開始日のいずれか

          

(B)自治体の健康フォローアップセンター(*)の受付結果(患者(被共済者)名の記載があるもの)

*自治体ごとに名称が異なるため、お住いの自治体での名称をご確認ください。

重症化リスクがあり、新型コロナウイルス治療薬の投与

または新型コロナウイルス罹患により酸素投与を受けた方

【陽性の証明書類】(A・Bいずれか1点)に加えて、以下の書類を提出してください。

 

新型コロナウイルス治療薬の投与・酸素投与したことが記載されている診療明細書・処方箋のコピー等

 

妊娠されている方

【陽性の証明書類】(A・Bいずれか1点)に加えて、以下の書類を提出してください。

 

母子手帳のコピー等(療養された方のお名前と交付日の記載されているページ)

入院した場合

医療機関が発行した、入院期間のわかる書類

(領収書・診療明細書・退院証明書・他社の診断書コピー 等)

新型コロナウイルス感染症による共済金請求に関する<よくいただくご質問>はこちらをご覧ください。

※ご請求の内容によっては診断書が必要となる場合があります。
※ご自身で実施した検査キットの検査結果等のみではご請求いただけません。
※死亡共済金、その他の共済金の共済金のご請求に必要な書類については、コープ共済センター(コールセンター)までご連絡ください。
※ご請求時には、医療機関や保健所、病院と同等とみなせる施設等から発行された請求書や各種書類については、共済金請求の際に必要となる場合がございますので、必ず保管しておいてくださいますようお願いいたします。
※現時点でお手元にない場合は、保健所等にご相談いただき、書類のご準備ができ次第、コープ共済センター(コールセンター)までご連絡ください。証明書類の取得にかかる費用は自己負担となります。
 
【新型コロナウイルス感染症の受付】

ご注意 
診断年月日が、2022年9月26日以降の場合の方は、4類型(4つの条件)の聞き取りが必要となるため、コープ共済センター(コールセンター)へお問い合わせください。

コープ共済センター(コールセンター)での受付
[コープ共済センター 受付時間] 9:00~18:00 (月~土・祝日)
おかけ間違いが発生しておりますので、ご注意ください。
※    土曜日・祝日は大変混雑致します。できるだけ平日のご利用をお願い致します。
※    ご加入の契約によってお問い合わせの電話番号が異なります。

【学生総合共済(G1200コース等)にご加入の方は】
コープ共済センター(0120-16-9431)へご連絡ください
*音声ガイダンスの【番号】にそってお進みください。
 ご加入後のお問合せ
       ↓
 共済金・保険金請求
       ↓
 新型コロナウイルス感染症に関するお問い合わせ
 
【生命共済(BF型、AF型等)にご加入の方は】
コープ共済センター(0120-335-770)へご連絡ください
*音声ガイダンスの【番号】にそってお進みください。
 新型コロナウイルス感染症に関するお問い合わせ
 

【ご請求に関してご留意いただきたいこと】
● ご契約の申込日後、短期間のうちに新型コロナウイルスに罹患(検査)されている場合は事実関係を医療機関に照会することがあります。
●ご提出いただいた証明書等については医療機関に事実を照会することがありますのでご了承ください。
●共済金のご請求に関して不正があった場合には必要な法的措置をとらせていただきます。
●告知義務違反が判明した場合、ご契約は解除となります。その場合は共済金のお支払いができません。すでに共済金をお支払いしている場合、共済金を返還いただく場合がございます。
 
【その他の共済金のご請求】
新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた場合は、死亡共済金・災害死亡共済金の対象となります。コープ共済センター(コールセンター)へご連絡ください。
 
【新型コロナウイルス感染症を災害(ケガ)とする特別扱い】
新型コロナウイルス感染症は、本来病気扱いですが、以下の共済金に限り、災害(ケガ)としてお支払い対象としています。
・災害死亡共済金
・災害重度障害共済金
・扶養者災害死亡共済金
・扶養者災害重度障害共済金 

これまで学生総合共済では、新型コロナウイルス感染症を不慮の事故(災害)とみなして扱ってきました。
このたび、みなし入院の範囲を重症者リスクの高い方を対象とすることにあわせて、災害とする特別な取扱いを上記の共済金のみに変更します。
そのため、入院に関しては、疾病入院共済金として支払対象となります。
 
【ワクチン接種後の副反応を原因とした場合】
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種後の副反応で、医師の指示により治療を目的として医療機関に入院した場合は、入院共済金、死亡共済金等のお支払いの対象となります。
ご注意 
新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の副反応は、あくまでも「ワクチン接種の副反応」であり、新型コロナウイルス感染症に被患していないため、「病気扱い」となります。
 

お知らせ一覧へ戻る