共済連からのお知らせ

2020年04月13日(月) |ニュース|新型コロナウイルス感染症に関するご案内

新型コロナウイルス感染症に関する「入院」の特別取扱いについて

このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様および影響を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
皆様におかれましては、一日も早く平常の暮らしに戻ることが出来ますようお祈り申し上げます。


 

新型コロナウイルス感染症に罹患されたご契約者の皆様への共済金のお支払いについて、医療機関の事情などにより、自宅またはその他病院などと同等とみなされる施設で治療を受けられる場合も、その治療期間に関する医師の証明書などをご提出いただくことで、弊会では影響を受けられたご契約者に対して、以下のとおり学生総合共済(生命共済)における「入院」の特別取扱いを実施することといたし、「病気入院共済金」のお支払対象としてお取扱いします。

 

1. 特別取扱いの実施内容

学生総合共済(生命共済)における「入院」につきまして、規約上は「医師による治療が必要であり、かつ自宅等での治療が困難なため、病院または診療所に入り、常に医師の管理下において治療に専念すること」を要件としておりますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う病床数不足等の事情により、医師の指示に基づき臨時施設(ホテル等の宿泊施設を含みます。)または自宅において入院と同等の療養をする場合(*)も「入院」として取り扱い、病気入院共済金をお支払いいたします。

   (*)医師による診断書または医師の証明書等をご提出いただく場合に限ります。

 

    なお、既にご案内のとおり、新型コロナウイルス感染症は「病気」に該当しますので、新型コロナウイルス感染症の治療を目的とされた病院または診療所へ入院された場合も、「病気入院共済金」のお支払対象となります。


お知らせ一覧へ戻る