共済連からのお知らせ

2021年08月30日(月) |ニュース|新型コロナウイルス感染症に関するご案内

新型コロナウイルス感染症に関する共済金の支払いについて

2021年8月30日

各大学生協の組合員・加入者の皆さま

 

全国大学生協共済生活協同組合連合会

 

新型コロナウイルス感染症に関する共済金の支払いについて

 

このたびの新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様および影響を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。皆様におかれましては、一日も早く平常の暮らしに戻ることが出来ますようお祈り申し上げます。

 

◆新型コロナウイルスに感染の取扱い

2021年8月30日時点において、新型コロナウイルス感染症に関しては、以下のとおり「不慮の事故とみなす感染症」として取り扱っておりますが、今後、感染症法上の位置付けの見直しがされた場合は、取扱いが変更となることがございます。

 

◆新型コロナウイルスに感染し治療などした場合の共済金支払いについて

新型コロナウイルスに罹患した方は、「不慮の事故による傷害とみなす感染症」として入院共済金、死亡共済金等のお支払いの対象となります。

ご注意 PCR検査の結果、「陽性」の場合は「事故扱い」となります。なお、PCR検査の結果が「陰性」の場合は、「病気扱い」となります。

新型コロナウイルスに感染に関するご案内

<支払い対象となる事由と保障種目>

事由 対象となる保障
加入者が、感染(陽性)による入院 事故入院保障
加入者が、感染(陽性)による通院 事故通院保障
加入者が、感染(陽性)による手術 手術保障(事故)
加入者が、感染(陽性)による後遺障がい 後遺障がい保障(1〜14級)
加入者が、感染(陽性)による死亡 死亡保障
父母・扶養者が、感染(陽性)により死亡 父母扶養者死亡特約
扶養者が、感染(陽性)により死亡 学業継続支援特約(事故死亡)
扶養者が、感染(陽性)による重度障がい 学業継続支援特約(事故重度後遺障がい1~3級)

 ※ご加入の型によって保障が異なりますので、詳しくは共済証書にてご確認ください。

新型コロナウイルス感染症による共済金ご請求の際の書類の記入方法はこちらです。

 

◆新型コロナウイルス感染症により自宅またはその他病院などと同等とみなされる施設で治療を受けられた場合

新型コロナウイルス感染症に罹患され医療機関の事情などにより、医師の指示に基づき臨時施設(ホテル等の宿泊施設を含みます。)または自宅において入院と同等の療養をする場合、「入院」として取り扱い、その治療期間に関する医師の証明書などをご提出いただくことで事故入院共済金のお支払いの対象となります。

 

◆新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応を原因とした場合の共済金支払いについて

新型コロナウイルス感染症のワクチン接種後の副反応で、医師の指示により治療を目的として医療機関に入院した場合は、入院共済金、死亡共済金等のお支払いの対象となります。

ご注意 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の副反応は、あくまでも「ワクチン接種の副反応」であり、新型コロナウイルス感染症に罹患していないため、「病気扱い」となります。

 

<支払い対象となる事由と保障種目>

事由 対象となる保障
加入者が、副反応による入院 病気入院保障
加入者が、副反応による手術 手術保障(病気)
加入者が、副反応による死亡 死亡保障(病気)
加入者が、副反応による重度障がい 重度後遺障がい保障(1〜3級)
父母・扶養者が、副反応により死亡 父母扶養者死亡特約
扶養者が、副反応により死亡 学業継続支援特約(病気死亡)

 ※ご加入の型によって保障が異なりますので、詳しくは共済証書にてご確認ください。

 

ご不明な点は、大学生協共済・保険 サポートダイヤルまで、お問い合わせください。

0120-335-770【受付時間】月曜~土曜9:00~18:00(祝日含む)

 

*新型コロナウイルス感染症に関するお問い合わせは、音声ガイダンスが流れたら「0」を押してください。

時間帯により繋がりにくい場合もございますので、あらかじめご容赦ください。


お知らせ一覧へ戻る