厚生労働大臣認可事業

生命共済 BF

学生本人のケガや病気の保障に備える、たすけあいの制度

1年間の掛金 14,400円

※2019年4月29日までに払込んだ場合の金額です。

5月以降はこちらをご覧ください (※準備中)

2019年度学生総合共済

保障内容

大学生協の学生組合員が加入できます。

病気

入院保障

入院保障
入院1日目から200日まで保障

日額
10,000

手術保障

手術保障
日帰り手術も対象となります
1回の手術につき
50,000

後遺障がい保障

重度後遺障がい保障(1〜3級)
病気により重度後遺障がいとなった場合
後遺障がいの等級に応じて
600万円〜540万円

こころの早期対応保障

こころの早期対応保障
精神疾患の診療を受けたとき
(1共済期間に1回)
10,000
ケガ

入院保障

入院保障
入院1日目から200日まで保障
日額
10,000

通院保障

通院保障
ケガによる通院を保障。1日目から90日まで
日額
2,000

特定傷害固定具保障

特定傷害固定具保障
ケガで固定具を装着した場合
1事故について定額
20,000

手術保障

手術保障
ケガで手術をした場合を保障。日帰り手術も対象
1回の手術につき
50,000

後遺障がい保障

後遺障がい保障(1〜14級)(*)
ケガによる後遺障がいとなった場合
後遺障がいの等級に応じて
600万円〜24万円
病気・ケガ 学業復帰支援臨時費用保障
重度後遺障がいを負って復学した場合
100万円
本人死亡 死亡保障
学生本人が死亡した場合(死亡原因は問いません)
100万円
父母・扶養者
の死亡
父母扶養者死亡特約
父母・扶養者が死亡した場合
20万円
学業継続支援特約(扶養者のみ)
扶養者が事故や病気で死亡またはケガで重度後遺障がい状態になった場合
事故死亡
500万円
事故重度後遺障がい(1〜3級)
500万円〜450万円
病気死亡・その他死亡
30万円

(*) 後遺障害とは、労働者災害補償保険法施行規則(昭和30年9月1日労働省令第22号)別表第1(第14条、第15条、第18条の8関係)の「障害等級表」のいずれかの身体障害の状態であると医師が診断したものをいい、傷病が治癒したときに残存する障害をいいます。

※「父母扶養者死亡特約」と「学業継続支援特約(扶養者のみ)」は生命共済BF型の保障であり、「就学費用保障保険」、「扶養者死亡保障保険」にもご加入の場合は、それぞれ別途のお支払いとなります。

ご注意ください!
下記のような場合、共済金はお支払いできません。
  • 契約申込時に発病していた病気、および告知していた病気による入院・手術・後遺障がい・死亡(新規契約申し込み後1年を経過したものを除く)
  • 保障開始日より前に発生した事故によるケガの入院・通院など

保障のあらましも必ずご一読ください。また、告知事項を加入申込書でご確認の上お手続きください。

新設ストーカー被害見舞金制度

ストーカー被害を警察に届け出た場合、被害拡大予防のための鍵交換費用や引っ越し費用の補てん等のためにストーカー被害見舞金を新設しました。

定額 50,000


学生には学生のための共済・保険をおすすめします。
あわせておすすめする保険はこちらをごらんください。

こちらは2019年4月1日より保障開始となる、大学生協の保障制度についてのご案内です。
すでに大学生協に加入済みで、ご加入を検討されている方は、こちらをご覧ください。

新入生応援サイト TOPへ戻る