健康で安全な大学生活を

岡山大学生活協同組合

MottaCa カードの取り組み

MottaCaとは災害時の避難場所や緊急連絡・防災グッズの記載と、共済加入状況と保障内容を見える化した
しものめのード

2018年夏の西日本豪雨は岡山にも大きな被害をもたらしましたが、この大変な経験を通じあらためて岡山大生の災害に対する意識、及び十分ではない備えへの改善が求められていることが明らかとなりました。そこで新入生に「病気・ケガ・災害への備えを自分事とする」「共済の加入状況を可視化し、もしもの時の困りごとのたすけとなる」ためのツールとして「MottaCa」を作りました。

作成にあたっては、共済セミナーで他の生協の事例に学び、また学生と職員の相談で内容詳細を詰めていきました。カードには「学生・保護者の方で一緒にご確認ください」の文字があり、書くことで記憶に残ります。

配布の協力を行ってくれた上級生の新入生サポーターにも好評で、このカードを生協・共済加入や大学生活の紹介を行う新入生サポートセンターで新入生約2,000人に配布を行い、万一の時の備えのきっかけにしてもらうよう呼びかけました。

三つ折りのカード型

三つ折りのカード型

二次元コードで自治体のサイトにアクセス可能

二次元コードで自治体のサイトにアクセス可能

学生総合共済、学生賠償責任保険等の記入欄もあり、自分の加入状況がすぐわかります

学生総合共済、学生賠償責任保険等の記入欄もあり、自分の加入状況がすぐわかります