健康で安全な大学生活を

関西学院大学生協

KGGI共済月間 2018 ~みんなで広げるたすけあいの輪~

共済月間中に様々なアプローチを行いました。

野菜生活シリーズ 人気投票
メーカーと協力し「野菜生活P&Hシリーズ」の試飲と人気投票を実施しました。
その後人気投票で一位になった「オレンジカモミール」味の値引きセールを生協店舗で行いました。合わせて食生活に気を付けてもらえるようなポスターを掲示し、野菜ジュースを通して、学生に食生活に注意を払ってもらえるようにしました。

野菜生活シリーズ 人気投票

自転車点検企画
ジャパンベストレスキューシステム株式会社と協力し、組合員の自転車を無料で点検する企画を行ないました(修理の場合は有料)。その際、共済に加入しているか否かの確認や、共済についての説明、共済への加入推進を行ないました。
また、組合員参加型のハザードマップ投票を行ないました。大学周辺の地図を用意し、自転車が関係する事故に遭った・事故を見た場所、歩いていて自転車が危ないと感じた場所、自転車に乗っていて危ないと感じた場所、の3つの場所に色の違うシールを貼って、ハザードマップを作成しました。
完成したものは生協の店舗に掲示し、多くの方に見ていただけるようにしました。

自転車点検企画

健康フェスタでの加入チェック
アルコールパッチテストや血圧測定ができるイベントを開催しました。
さらに受付では共済の加入チェックブースを設けて、自分が共済に加入しているのかを組合員に確認してもらえるようにしました。

健康フェスタでの加入チェック

給付申請方法を説明する動画の作成
ケガをしてから給付申請をするまでの流れを、学生が動画にしました。
食堂に設置するPOPに動画のURLを載せたり、Twitterで発信することで組合員の目に触れるようにしました。

給付申請方法を説明する動画の作成

共済に関するポスター掲示(西宮聖和キャンパス)
離れたキャンパスでも共済のことをより多くの人に知ってもらうために、共済の説明や給付事例を紹介したポスターを設置しました。教育学部がメインのキャンパスということで、装飾を教育学部のイメージに合わせたり、給付事例も教育学部生のものを掲載し、身近に感じてもらえるように工夫しました。