ケース別支払事例
旅行や留学など海外で入院・通院した場合

海外における事故や病気による入院は1日目から保障。事故による通院は、通院のみの日数または入院・通院の合計日数が5日以上の場合、1日目から保障します。

※海外旅行や留学中でも日本国内と同様、病気や事故の保障がされます。海外で治療した診断書 や領収書などは、コピーでも結構ですので、大切に保管しておきましょう。詳しくは生協へご相談ください。

※海外に行かれる方は、海外旅行保険にも加入することをお奨めします。また海外で自動車を運転する場合には、国際運転免許証が必要です。(海外で借りた部屋は、火災共済の保障対象にはなりません。)

こんな時に給付されます

病気で入院
  • タイへ旅行中、お腹をこわした。水、氷が原因だと思われる。急性胃腸炎。(入院2日)
  • 南米を旅行中の食事がいけなかったらしく、帰国後1ヶ月して発病した。(入院64日)
事故・ケガで入院・通院
  • サイパンでボートに乗って、スキュバーダイビングのポイントに行こうとしたところ、高波でボートがはね、ボートのへりで顔を強く打った。(通院14日)
  • セーヌ川で1メートル位の岩から足をふみはずし、転倒して骨折。(入院21日、通院75日)
感染症 (感染症の種類によっては事故として保障の対象になるものもあります。)
  • インドへ旅行中に、生水や生物が原因だと思うが腸チフスだった。(入院25日)
  • 大学の仲間とインドへ自主研修中、スケジュール過密による疲労と衛生状態の悪さにより、赤痢。(入院14日)

こんな時は給付されません

  • 共済加入前の事故による場合。
  • 共済期間外の病気による入院。
  • 共済加入前に発生した病気による入院(ただし、加入後1年以上経過した後の入院分は支払われる場合があります。)
  • 病気による通院は保障されません。
  • 無免許、無資格運転、飲酒運転の場合。
  • 犯罪行為、けんかの場合。

ページの先頭へ