ケース別支払事例
病気で入院した場合

入院は1日目から200日まで保障します。

※病気での通院保障はありません。

支払事例

  • 通学中腹痛があり、以後2週間腹痛と下痢が続いたため病院に行ったら、急性腸炎と言われ入院した。(入院14日)
  • 大学院進学に対する不安や焦りから神経症になり入院した。(入院133日)
  • 部活動から帰る途中、急に胸が痛みだし、自然気胸で入院。(入院10日)
  • 行事やサークルでの活動が重なり、生活が不規則になり、急性肺炎で入院。(入院13日)
  • 夏休み中にハンバーグ定食が原因で食あたり。(入院3日)
  • 発熱があり、カゼだと思って医者に行くと、水痘といわれ入院。(入院15日)
  • なぐられたようなみぞおちの鈍痛、体がだるい、食欲がない等の症状で病院へ行き、急性肝炎で入院。(入院12日)
  • 突然視野が欠けたような感じがしたので病院に行き検査したら、網膜剥離で入院。(入院30日)
  • 水泳部の合宿中、脱水症状を起こして入院。(入院1日)

こんな時はお支払いできません

  • 共済期間外の入院。
  • 契約の申込時に発病していた病気、告知を行っていた病気による入院。
    (新規契約申込み後1年を経過したものを除く)
  • 被共済者の犯罪行為または自殺行為。
  • 被共済者の故意または重大な過失および私闘。
  • 人間ドックなどの検査のための入院。
  • 健康保険の療養の給付または療養費の対象にならないもの。

共済金をお支払いする場合、お支払いできない場合について詳しくは 重要事項説明書・ご契約のしおりなどをご覧ください。

ページの先頭へ