学生生活無料健康相談テレホン

24時間365日 無料

学生生活無料健康相談テレホンは、学生総合共済の特徴の一つであり、多くの学生・保護者・先生方にご支持いただいています。学生・保護者の皆さんより、深刻なものから急ぎのものまで、たくさんのご相談をいただいております。私たちは、大学生協の共済にご加入いただいた学生と保護者の皆さまの、こころとからだの相談を24時間365日受け止めております。
日本国内からは携帯電話からもご利用いただけます。

専門の相談員がお答えします

プライバシーは守ります

  • ヘルスアドバイザー…看護師・保健師・管理栄養士
  • 専門医…内科・整形外科・精神科・皮膚科・眼科・泌尿器科・婦人科・耳鼻科・歯科
  • メンタルヘルス…臨床心理士 など

からだの健康相談 (1回15分程度)

健康状態に関する悩みに専門の相談員がお答えします。
対面では相談しにくい内容でも時間帯に関係なく安心して利用できます。

からだの相談では、病気・ケガ等の疑問や不安についての相談が最も多く、風疹・インフルエンザ・子宮頸がん等の予防接種についての相談が増えてきています。「夜間に急に発熱した」「日曜日にケガをした」といった場合でも、専用の病院検索システムを使って、できるだけ近くで見てもらえる病院を案内しています。

こころの健康相談 (1回30分以内)

人間関係や進路に関わる問題など、臨床心理士などのカウンセラーが、じっくり悩みを受けとめます。

こころの相談では、不安・抑うつ等の精神症状や不眠・疲労・倦怠・脱力感等の身体症状を訴えるケースが多く見られます。深刻なメンタル相談の場合、電話の相談では限界があるため大学の学生相談室や心療内科へ行くことを薦めるようにしています。

ご利用方法

電話番号は共済証書に同封の「共済+保険手続き案内」、またはご加入後にお渡しする「共済+保険ハンドブック」をご覧いただくか、所属の大学生協または大学生協 共済・保険サポートダイヤルへお問い合わせください。

電話をおかけいただくと「こころの相談ですか?からだの相談ですか?」・「被共済者番号・氏名・大学名・学年を教えてください」と聞かれます。お答えいただくと、専任の医師・看護師・カウンセラー・臨床心理士などにつながります。

被共済者番号とは共済に加入した人に与えられる番号なので、自分が共済に加入しているかどうかわからない・被共済者番号がわからない場合は、各大学の生協の窓口や大学生協 共済・保険サポートダイヤルにてご確認いただけます。

本サービスで得た個人情報は、本サービスの運営以外には使用いたしません。
ただし、相談内容がご利用者本人または第三者の生命の危機に関わる可能性がある場合や法律に触れる場合は、この限りではありません。

相談事例

※個人が特定される可能性のある相談について、一部改訂を加えてあります。

主な相談事例

女子学生特有の相談事例

大学院生からの相談事例

保護者からの相談事例

ページの先頭へ