自転車事故の現実

自転車事故予防活動動画

事故予防活動として、自転車事故防止動画を作成しました。
ぜひ、ご覧ください。

大学生協の保障制度からみた「学生の自転車事故」

大学生協共済連と株式会社大学生協保険サービスでは、「大学生協の保障制度」での共済金および保険金支払い実績データをまとめた報告書を作成しております。
その中から、学生の自転車事故によるケガ入院、賠償事故の傾向についてご紹介いたします。

(2017年4月〜2018年3月の支払実績データより)

2017年度の大学生協の保障制度の支払い状況などをまとめた報告です
ダウンロードはこちら


交通事故の4割は自転車の事故!

右の円グラフの通り、学生総合共済では、交通事故により入院保障の共済金支払対象となった約40%が自転車事故となっています。2016年度に引き続き一番多い事由です。

入院保障共済金支払件数に占める自転車事故の割合

入院保障共済金支払件数に占める自転車事故の割合

2017年度の交通事故による生命共済入院保障共済金支払件数は677件でした。

自転車は学生生活において身近で便利な乗り物です。でも、日常のふとした気のゆるみが思いもかけない重大事故につながることもありますので事故による本人のケガへの保障他人への賠償に対する保障などの備えが大切です。

自転車は凶器にもなってしまう!

賠償事故全体における自転車事故の割合は、件数・金額とも学生賠償責任保険の保険金支払い全体の6割以上を占めています。自転車事故の支払保険金は比較的少ないものが多くなってはいますが、1,000万円を超える賠償事故の3分の2は自転車事故によるものです。

(2017年4月〜2018年3月の学生賠償責任保険支払実績データより)

事故発生年齢

支払保険金の内訳

対象別支払割合

支払件数割合・支払保険金割合

示談交渉サービスの利用状況

示談交渉サービスとは、学生賠償責任保険の被保険者(加入学生)が加害者になってしまったとき、被害者の同意を得て保険会社が被害者と折衝し解決するサービスです。保険金支払を受けた方の約4分の3が利用していますが、特に自転車事故では、その9割以上の方が利用しています。
示談交渉サービスは、交渉をスムーズに行うことで、被害者救済が遅延することがないように、また、学生の負担を軽減し、事故を起こしてしまっても勉学研究への影響を極力少なくしたいという想いから、付帯しているサービスです。

示談交渉サービスの利用状況


ページの先頭へ