学生賠償責任保険 -支払実績分析結果概要 大学生の病気・ケガ・事故 2015年度版

学生総合共済 - 支払実績分析結果概要

学生の賠償事故の傾向(学生賠償責任保険)

事故分類による賠償事故の傾向

※学生本人の死亡、針刺し・ウイルス感染の支払件数、支払保険金は除いています。

※支払件数は年度内に支払が行われた事故の件数、支払金額は年度内に支払われた保険金額の合計です。

事故発生学年
事故分類による賠償事故の傾向

事故分類による賠償事故の傾向
※複数支払先を含む延べ件数

対象別支払割合
※学生本人の死亡の支払件数、支払保険金は除いています。

学生賠償責任保険全体の支払件数は昨年度に比べて62件減少しました。
賠償事故で最も件数の多い事例が自転車事故で、支払件数においては全体の5割を超えています。また高額の支払も多く、1,000万円を超えたものは全て自転車事故が原因でした。
昨年に比べて、対人、対人対物、対物の平均支払保険金はいずれも減少しました。

 

学生の自転車による賠償事故の傾向

事故発生学年(件)
学生の自転車による賠償事故の傾向

学生の自転車による賠償事故の傾向
※複数支払先を含む延べ件数です。

対象別支払割合

自転車運転中の賠償事故は、昨年度から67件減少しました。対して支払金額は昨年度より2,700万円を超える増加となり、平均支払額も4万円増となっています。500万円を超える高額事例が、すべて自転車事故となっています。
対象別支払いでは、対人事故での支払が増加しています。

 

大学生の病気・ケガ・事故 2015年度版
全文ダウンロード(PDF:約1MB)

ページの先頭へ