健康便り

2021年4月の健康便り —健康—

マスクかぶれを防ごう

 大学2年生の小山あかねさんは、感染対策のために毎日マスクをつけています。敏感肌のため、ずっとマスクをしたままでは肌によくないと考え、つけたりはずしたりを繰り返していました。ところが肌に優しいマスクを選んでいたはずなのにかぶれてきたのです。マスクの素材を変えても改善しないので、最近はストールで口元を覆って外出しています。そんな小山さんを学内で見かけた健康管理センターのモモセさんは、「マスク、忘れた? 健康管理センターでマスクあげましょうか?」と声をかけました。
 小山さんからマスクかぶれの悩みを告げられたモモセさんは、「最近小山さんと同じような悩み、他の学生からもよく聞くのよ」と言い、マスクかぶれについて話をしてくれました。

 マスクかぶれの原因は、主に摩擦と乾燥です。マスクの着脱を繰り返すと摩擦で肌がかぶれやすくなります。また、マスクをつけると水蒸気で肌が蒸れ、マスクを外すと急激に乾燥するため、肌が弱くなり、かぶれにつながります。
 予防法は大きく分けて摩擦対策と乾燥対策です。

<摩擦対策>
肌への負担が少ない布やガーゼのマスクを選ぶのがお勧めです。不織布マスクしかない場合、マスクと肌の間にガーゼを挟むと肌への刺激を抑えられます。また、最近はマスクを常にしているため耳の後ろが切れたり、赤みやかぶれがでたりすることも多いようです。その場合はマスクのサイズやゴムの強さを調整し、耳への負担を軽くしましょう。
<乾燥対策>
マスクの中は高温多湿。こまめに汗をふき取りましょう。また、日頃から肌を保湿しておくと、バリア機能が上がり炎症を起こしにくくなります。特にマスクをつける前に保湿を行うと良いでしょう。優しく洗顔し、肌を清潔に保つことも炎症や症状の悪化予防に効果的です。温かいお湯で洗うと皮膚が乾燥しやすくなるため、水かぬるま湯で洗顔するようにしてください。

 かぶれは放っておくと悪化したり、跡が残ったりする可能性があります。自分でケアしても治らない時は、早めに皮膚科を受診すると良いでしょう。皮膚科では一般的に保湿剤や塗り薬、内服薬などが処方されます。

 皮膚科を受診した小山さん。肌の調子が少し良くなったようで、モモセさんに報告をしに来てくれました。「薬の効果が出たのか、良くなってきました。おうち時間が長いので、ガーゼマスクを手作りしてみたんですよ。同じ悩みの友達にあげたらすごく喜んでくれました。嬉しい」と小山さん。「とても素敵なマスクね。かぶれがよくなってよかったわ。これから紫外線が強くなるからマスク焼けにも気を付けてね」モモセさんが伝えると、用意周到な小山さんは、バックから日傘を出してにこりと笑いました。