ご加入者の方へ

ケース別支払事例
─ 生命共済 ─

日常生活中の事故の場合

  • 下記の生命共済給付事例は2019年度からの保障制度(BF型)により支払われた事例です。

アルバイト、就業中のケガも保障します。

BF型(2019年度からの保障制度)の場合
  • 入院は、1日目から200日まで保障します。
  • ケガによる通院は、1日目から90日まで保障します。
  • 骨折、関節脱臼、腱・じん帯・半月板の完全断裂で、医師の指示により固定具を装着した場合、保障します(特定傷害固定具保障)。
AF型(2018年度以前の保障制度)の場合
  • 入院は、1日目から200日まで保障します。
  • ケガによる通院は、通院のみの日数または入院・通院の合計日数が5日以上の場合、1日目から90日まで保障します。
  • ギプス等による固定具使用期間については、入院日および通院日を除いた固定日数2日を通院1日とみなし保障します。

支払事例

授業中、実習中
  • 研究室で実験中に薬品が右足のふとももにかかり、やけどをした。(通院1日)[支払共済金2,000円]
アルバイト中
  • アルバイト先の飲食店で勤務中に階段を踏み外し、腰を骨折した。(通院日2日)[支払共済金4,000円]
  • バイト先で油を片付ける際、冷めていない油を足にかぶり、やけどをした。(通院4日)[支払共済金8,000円]
自分の家で
  • 朝、学校へ行く準備をしている時、ヘアアイロンを落とし、足首の上(表と裏)にあたり、やけどを負った。(通院6日)[支払共済金12,000円]
その他
  • 街で食事帰り、公園のちょっとした段差を降りた時、バランスを崩して左足をくじいた。(入院5日、手術1回、通院4日)[支払共済金108,000円]

共済金をお支払いする場合、お支払いできない場合について詳しくは重要事項説明書・保障のあらまし・ご契約のしおりなどをご覧ください。

ケース別支払事例 一覧へ戻る